この度、学生と社会人の有志によるビジネス勉強会を開催しました。トビタテ地域人材コースOB発案により実現しました。
この取り組みは、慶応大学ビジネススクールのケースを活用しながらビジネス社会の課題と対応について学ぼうというものです。

今回はトビタテOB1名(社会人)、学生(院生含む)3名、社会人2名、事務局代表1名の計7名が参加しました。

第一回目のケースは地域活性化をテーマに「株式会社いろどり」が実際に直面した経営課題について議論しました。
初めての取り組みでしたが、各参加者から積極的な意見が飛び交い、熱い議論が交わされました。

この取り組みはビジネス学習だけでなく、社会人との繋がり、ネットワーク構築、様々なケースに対応しディスカッションを経験していく事で就職活動にも役立ちます。今後も様々なケースに取り組み、島根で活躍する人材を育成すべく継続して参ります。

第1回寺子屋